Wi-Fiとはどのような仕組みなのか

インターネットの環境を整えたいと考える方がまず思い浮かべるのはWi-Fiでしょう。Wi-Fiは多くの方がその名を聞いたことのあるものであり、すっかり定着しました。しかし、Wi-Fiについてはその意味するところを正しく理解している方はあまり多くないでしょう。なんとなくイメージとしてWi-Fiを理解しているだけであり、Wi-Fiが具体的にどういったものなのかきちんと説明できるという方は少ないでしょう。Wi-Fiというのは画期的な仕組みであり、システムなのです。

こちらではそんなWi-Fiがどのような仕組みによって成立しているのかを解説しましょう。無線LANのようなものであると理解している方は多いでしょうが、それだけではWi-Fiに対する理解としては不十分なのです。これからWi-Fiの環境を構築しようと考えているならば、しっかりとWi-Fiについて理解することは大切です。Wi-Fiについてほとんど何も知らないという方にも分かりやすくWi-Fiについて解説しましょう。ぜひとも参考にしてください。

Wi-Fiは無線LANのこと

昔は無線LANと呼ばれていたものがいつの間にかWi-Fiと呼ばれるようになりました。それではこれらはまったく異なるものかというと、そういうわけではありません。実はこの2つは同じものなのです。無線LANの普及促進を行っている業界団体があり、そちらの認証を受けた機器のことをWi-Fiと呼ぶのです。その結果として、無線LAN全般を指してWi-Fiと呼ぶケースが増えていきました。

無線LAN無線LANというのは電波によってデータの送受信をするものです。LANというのは家庭や会社においてパソコンやプリンタなどをつないでそれぞれがデータのやり取りをできるようにしたネットワークのことです。これは通常ケーブルで行われているのですが、これを電波によって無線通信で行えるようにしたものが無線LANです。

無線LANを利用するとケーブルを気にする必要がなくなります。好きな場所で機器をネットに接続させることが可能となりました。これによって気軽にウェブサイトをチェックしたり、メールを送ることができるようになったのです。最近では公衆無線LANというものも登場しています。公共の場でインターネットを無線LANで利用できるようになりました。こちらもWi-Fiと呼ばれることがあります。

Wi-Fiはルーターによってネット回線を仲介する

具体的にどのようにして有線のネット回線を無線通信にするかというとルーターというものを用います。たとえば、Wi-Fiルーターとしてたくさんの製品が販売されています。こちらのルーターに有線のLANケーブルを接続して、ルーターは電波を飛ばしてネット回線の中継をしているのです。固定回線をWi-Fiによって無線通信にすることができます。たとえば光回線を電波として飛ばすことができるため、無線LANによる接続だったとしても高速のネット通信を実現することに成功しているのです。

たとえば、日頃スマホでネットを利用していてもその遅さにストレスを抱えている方はたくさんいるでしょう。これはスマホはモバイル回線を利用しており、それが遅いからです。このような問題を解決するために光回線をWi-Fiによってスマホでも利用できるようにすることが可能です。これによって、ネット回線の遅さを解決できるでしょう。さらに光回線を利用するならば、スマホの通信量はかかりません。通信量の節約となるのです。

セキュリティについて

Wi-Fiは電波を飛ばすことによって、さまざまな機器をネットに接続することが可能になります。また、Wi-Fiによって接続された機器同士がデータの通信をすることもできます。そうなるとセキュリティについて不安になってしまう方がいるかもしれません。電波を受信することができるならば、通信を傍受したり、個人情報が盗まれてしまう可能性があるからです。たとえば自宅でWi-Fiの環境を整えたとしても、その電波は家の外にまで出てしまいます。

この問題を解決するために市販されているWi-Fiルーターにはさまざまなセキュリティ機能が備えられています。たとえばWi-Fiでは電波を飛ばして通信をする際にはさまざまな暗号化の技術が用いられています。その中にはWEPやTKIP、AESといったものが含まれているのです。それぞれパスワードを設定することによって暗号化をして安心してWi-Fiを利用できるようにしています。

より高度な暗号化方式に対応しているルーターを用いることによって、安心してWi-Fiを利用できるでしょう。ただし、そのようなルーターというのは高価なものが多いです。セキュリティを重視するならば、ある程度のお金がかかってしまうことは納得してください。

Wi-Fiの使い方

実際にWi-Fiを活用したいならば、まずはWi-Fiルーターを購入しましょう。あとはインターネット通信の回線と契約をして、ルーターに接続をすることによって、それがアクセスポイントとなり、スマホやタブレットなどでネットに接続することができます。ホテルにある有線LANを利用してWi-Fiを活用して無線通信をすることもできます。Wi-Fiルーターはいろいろな種類のものが売られています。基本的には最新のものを購入しておけば、最新の規格に対応しており、セキュリティ対策もしっかりとしてあるため、問題なく利用することができます。

まとめ

Wi-Fiの仕組みについて解説してきました。かつてはインターネットに接続するためにはケーブルを接続するのが一般的だったのですが、最近ではWi-Fiを活用するケースが増えているのです。それはスマホやタブレットなどのモバイル端末を利用する方が増えており、これらの端末は基本的に有線によるインターネットの接続ができない場合が多いからです。Wi-Fiであれば、たとえばベッドの上で寝ながらネットに接続したり、あるいはお風呂やトイレの中でまでネット接続をすることができるのです。

Wi-Fiはルーターを使うことによって可能となります。ルーターにケーブルを接続することによって、ルーターから電波を飛ばすことが可能となり、これによって無線LANによるインターネット接続が実現するようになるのです。このような仕組みとなっているため、元となるインターネット回線と契約をしていなければ、Wi-Fiを利用することはできません。Wi-Fiはモバイルルーターとしてコンパクトなサイズのものも売られており、こちらを持ち歩いて利用している方もいます。とても便利なWi-Fiをぜひとも活用してみましょう。